MENU

EPT(European Poker Tour)とは?ヨーロッパ最大のポーカー大会の概要や参加方法、賞金額もご紹介

EPT(European Poker Tour)とは?ヨーロッパ最大のポーカー大会の概要や参加方法、賞金額もご紹介

EPT(European Poker Tour)は、ヨーロッパ最大のポーカートーナメントです。その起源は2004年にさかのぼり、年間を通じてヨーロッパ各地の著名なカジノで開催されています。トップクラスのポーカープレイヤーが参加し、ビッグタイトルと多額の賞金獲得を目指して熱い戦いが繰り広げられるため、世界中から注目を集める大会です。そこで、本記事ではEPTの概要や参加方法、賞金額などについて詳しく解説します。

目次

EPT(European Poker Tour)とは

EPT(European Poker Tour)は、ポーカー世界三大大会のひとつであり、2004年から開催されているヨーロッパ最大規模のポーカートーナメントです。ヨーロッパ各地の著名なカジノで開催され、豪華な賞金と世界トップレベルの戦いが繰り広げられることから世界中の注目を集めています。

EPTでは、年間を通じて多数のイベントが行われています。WSOP(World Series of Poker)やWPT(World Poker Tour)と並ぶトップイベントのひとつとして認識されており、世界各国から有名なプレイヤーが集まるため、ポーカープレイヤーならぜひチェックしておきたい大会です。

EPTの歴史

EPT(European Poker Tour)は、2004年に初めて開催されました。当初はWPT(World Poker Tour)のスピンオフとして開催されたのですが、ヨーロッパのポーカーシーンに新たな風を吹き込み、多くのプレイヤーから注目を集めました。第1回目のEPTはバルセロナで開催され、それ以来ロンドンやプラハ、モンテカルロなど、ヨーロッパ各地の都市で開催されています。

EPTは、高額な賞金や多くのプレイヤーが参加したことにより、瞬く間にポーカー界における重要な大会へと発展していきました。世界中からトップクラスのプレイヤーが集まることで、EPTはハイレベルな大会として知られるようになり、高額な賞金とタイトル獲得を目指して毎年多くのプレイヤーが参加しています。

さらに、テレビやインターネットによって大会の模様が中継され、ポーカーの魅力を世界中に発信することにも成功しています。2011年からはPokerStars(ポーカースターズ)がスポンサーとなり、年々スケールが大きくなっている大会です。

EPTの魅力

European Poker Tour(EPT)は、ヨーロッパのポーカーシーンに大きな影響を与えてきた大会です。EPTのシーズン1~3では、バイイン(参加費用)がWPT(World Poker Tour)の半分程度となっていたため、主要な世界大会と比較して賞金総額が劣っていました。その後、EPTの人気上昇と参加カジノのスペース不足を受けて、第4シーズンからはほとんどのイベントでバイインが8,000ユーロに引き上げられたことで、多額の賞金が用意されるようになっています。

さらに、EPTの特徴として、最終テーブルに8人のプレイヤーが参加する点があげられます。これは、WPTで人気を博した6人テーブルとは異なる形式です​​。また、テレビ放送では、ジェームズ・ハーティガン(James Hartigan)がシーズン3からメインコメンテーターとして活躍し、グレッグ・レイマー(Greg Raymer)、ダニエル・ネグラヌ(Daniel Negreanu)、ビクトリア・コーレン・ミッチェル(Victoria Coren Mitchell)などの名立たるプロプレイヤーが解説しています​​。

EPTは、高額な賞金やハイレベルな戦い、トッププレイヤーたちが解説するテレビ中継などによって、多くのプレイヤーが楽しみにしている重要なイベントとなっています。

EPT の開催スケジュール

European Poker Tour(EPT)は、年度ごとに異なる都市でさまざまなイベントが行われます。例年、EPTはヨーロッパ各地の著名なカジノやリゾートで開催され、主要都市や観光地が舞台となります。バルセロナ、プラハ、モンテカルロなど、ヨーロッパの文化的・観光的に重要な都市がEPTの開催場所として選ばれることが多いです。

なお、EPT2023は以下のスケジュールで開催されています。

イベント日程
EPT Paris(パリ)2023年2月15日~2月26日
EPT Monte Carlo(モンテカルロ)2023年4月26日~5月6日
EPT Barcelona(バルセロナ)2023年8月21日~9月3日
EPT Cyprus(キプロス)2023年10月11日~10月22日
EPT Prague(プラハ)2023年12月6日~12月17日

このように、各トーナメントの日程や場所は年によって変わりますが、年間を通じて定期的に開催されています。EPTの公式サイトやポーカー関連のニュースサイトでは、最新のスケジュール情報やイベントの詳細が公開されています。EPTへの参加やライブ中継を視聴したい方は、情報をチェックしておきましょう。

EPT公式サイト:https://www.pokerstarslive.com/ja/ept/

EPTの参加方法 ・参加費用

EPTに参加するためには、PokerStars(ポーカースターズ)が発行する「PS Liveアカウント」を持っている必要があります。アカウントを持っていない場合は、会場のPSLiveサインアップデスクにて登録することが可能です​​。参加を希望する方は、事前に登録を済ませておきましょう。

また、EPTは参加費用を支払うことで、誰でも参加することが可能です。ただし、EPTのメインイベントの参加費用は5,000ユーロであり、1ユーロ160円だった場合は約80万円の費用が必要になります。参加費用は高いと感じる方も多いかもしれませんが、費用さえ支払えば誰でも参加できるという点は、大きな魅力といえるでしょう。

なお、EPTのスポンサーであるPokerStars(ポーカースターズ)では、EPTのメインイベント出場権を獲得できるサテライトが不定期で開催されています。サテライトを勝ち抜けば、高額な参加費用の負担も抑えることができるため、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

EPTの賞金額

EPTは多額の賞金が用意されており、世界中から一攫千金を目指してプレイヤーが集まります。賞金額は毎回異なりますが、過去には賞金総額が2億円を超えるイベントも開催されました。

2022年のEPTメインイベントでは、優勝者が以下の賞金を獲得しています。

スクロールできます
イベント優勝者優勝賞金
EPT PragueGrzegorz Główny692,252ユーロ
EPT Monte CarloMarcelo Simões939,840ユーロ
EPT BarcelonaGiuliano Bendinelli1,491,133ユーロ
EPT LondonIan Hamilton664,400ポンド
EPT PragueJordan Saccucci913,250ユーロ

2022年8月8日~8月21日まで開催されたEPT Barcelonaでは、優勝者が1,491,133ユーロ(約2億円)もの賞金を獲得しています。一夜にして、莫大な賞金と世界的な名誉を得られるEPTは、今後も大きく発展していくことでしょう。

なお、国内外で有名なポーカー大会については以下の記事でもご紹介しておりますので、あわせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
最も大きなポーカーの大会とは?国内・海外で開催されている主要大会を紹介 ポーカー人口やポーカーを楽しめる施設が急速に増加している昨今において、ポーカーの大会は世界中で盛り上がりをみせています。そして、ポーカーの主要大会でタイトル...

EPTに挑戦するために、オンラインカジノで腕を磨こう

EPTやWSOPなど、ポーカーの世界大会は参加費用を支払えば挑戦することは可能です。しかし、せっかく渡航費も支払って参加したのに、すぐに負けてしまっては楽しくありません。そこで、世界中のプレイヤーと対戦できるオンラインカジノを利用し、経験を積んでおくことをおすすめします。

例えば、EPTの運営も行っているPokerStars(ポーカースターズ)には、世界中から多くのプレイヤーが参加しています。2013年には22万人ものプレイヤーがトーナメントに参加し、その実績はギネス記録として登録されているほどです。このようなオンラインカジノで腕を磨けば、世界大会で通用する実力を身につけられるかもしれません。

現在、EPTにおける日本人の最高順位は、Rintaro Kagawa氏の45位となっています。日本人の入賞者も増えているので、ビッグタイトル獲得を目指して挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ヨーロッパ最大のポーカートーナメントであるEPTについて、概要や参加方法、賞金額などについて解説しました。EPTはポーカー世界三大大会のひとつであり、毎年世界中のプレイヤーが注目する大会です。ライブ中継もされるため、世界トップクラスのプレイを見て勉強するチャンスでもあります。本記事を読んでEPTに興味を持った方は、ぜひ公式サイトなどでスケジュールをチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次